第21回紀州口熊野マラソン完走記 良かった点・悪かった点まとめ

今日は2月8日月曜日です。

昨日私は和歌山県上富田町で行われた「第21回紀州口熊野マラソン」に出場しています。

結果は3時間48分15秒かかりましたが、

無事に完走を果たしています。

和歌山県の大会には初めての出場でした。

もともとファンランのつもりだったため、

いつもよりゆっくり走っていたのですが、

それでも不調だったためにかなりつらい42kmになりました。

そもそもの不調の原因は電車がなかったこと!?

私は大会の前日土曜日の夕方、

福岡空港からPeachの格安航空券で関西空港まで行き、

その日は和歌山市に前泊しました。

和歌山から大会会場の朝来(または紀伊田辺)までJRで約2時間ほどかかります。

そのため大会当日の日曜日は始発の電車に乗りました。

和歌山から紀伊田辺までの電車の本数は非常に少ないです。

始発の電車に乗らなければ受付時間に間に合わないのですが、

その影響からか始発の電車にもかかわらず非常に混んでいました。

電車の中で朝ごはんを食べながら行こうと思っていたのですが、

この目論見が外れてしまい、

なんとか車内で座ることはできたのですが、

会場に到着するまでにすでにかなり疲れてしまいました(ガクッ)。

良かった点は給水にお茶とコーラがあったところ

個人的にスポーツドリンクが苦手なので、

お茶やコーラが給水にあるのは嬉しかったです。

梅干しもあって和歌山らしくてよかったです。

今年もマッチが出場?

皆知っていることだと思うのですが、

この大会には近藤真彦さんが毎年出場されています。

今年も出場されていたそうです。

しかし大会のプログラムや公式HPではこのことに一切触れていません。

今年は4時間40分ぐらいでゴールされたそうです。

すぐ近くを車が通るので危ない

つくばマラソンに少し似ているのですが、

走っているそばを車が通ったりすることがあります。

つくばマラソンの時のように、

車がクラクションを鳴らしながらランナーを追越したりといったひどいことはさすがになかったのですが、

正直走りにくいのとちょっと危ないかもしれないと思いました。

まとめ

最近は走るたびにタイムが悪くなっていますが、

懲りずにがんばっていきたいと思います。

本当にありがとうございました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告