勉強のイラスト

1年くらいかかりましたが、

何とかイラストが完成しました。

▪️昔NHKラジオ英会話で勉強した名言

You don’t learn to walk by following rules. You learn by doing, and by falling over.

「人はルールに従っていては歩けるようにはならない。それを実際にやり、そして倒れるから学ぶのです」

植島啓司先生の『偶然のチカラ』という本に

面白い所があったのでメモしておきます。

あるインタビューで、

「最初ハッピーということを考え出したきっかけはなんですか」という質問に対し、

矢沢永吉氏は次のように答えている。

あのね、40くらいになったら、「自分ってどういうやつなんだ?」って考えるじゃないですか。

僕はね、なんでこんなにがんばって走ってこられたのかと思ったの。

それはね、なにか一つ掴んでカタチにしたら、

すべてが解決できると思ってたから。

僕はずーっとどこか寂しかったんだけど、

その寂しさも、成功したりお金持ちになったら、

全部クリアにできると思ってた。

みんなが振り向いてくれるこの位置にまでいけたら、

不安な部分も全部クリアになると思ってた。

ところが、ちっともクリアにならなかった。

飯が食えるようになって、いい車転がして、

俗にいう表面的な成功というのは、27で手に入れましたよ。

だけど、ちっともハッピーじゃないの。

なんで?神様、僕に言ったじゃない、

成功手に入れたら、今までの不安なこともクリアにしてくれるって。

「なんで?」って思ったとき、

「気持ちがいい」とか「ハッピー」というのは、

別のレールがもう一個あって、

それは仕事で手に入れたり、

成功で手に入れるものではないんだ、

ということに気づいたんですよね。

そのときからです、「幸せって何だろう?」って真剣に考え始めたのは。

彼が「成功を手に入れる」というのと「ハッピー」とか「気持ちがいい」というのは、

まったく別の次元のことだと指摘している点こそ興味深い。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告