「アドルフに告ぐ」を読みました

 防府読売マラソンまであと4日です。

 朝はかなり寒くなってきましたが、ボチボチ走ってます。

 参加案内もようやく届きました。

 今年最後のフルは、3時間45分ぐらいで走れたらいいなと思います。

 地元の風景をよく味わって走ってきます。

★★★

 友人から薦められた手塚治虫さんの「アドルフに告ぐ」を読みました。

 話はもちろん面白かったです。

 手塚治虫さんのマンガを最初から最後までちゃんと読んだのは初めて。

 戦争を阻止することができる文書をナチスの手から守るという内容でした。

 神戸が舞台になっており、先日神戸マラソンで行ったばかりだったので、読むタイミングもバッチリでした(笑)。

 大学の附属図書館にたまたまあったので、借りてきて読みました。


 ▲大学の附属図書館には、手塚治虫さんの本もマンガもほとんど置いていないのですが、なぜか「アドルフに告ぐ」だけは偶然全巻置いてあります(笑)。

 それにしても主人公も主人公を追いかけるナチスもとにかく執念深い(笑)。

 目的を達成するための執念がすさまじいと感じました。

 ここまでの粘り強さや負けん気というのは自分にはないです(笑)。

 本当にありがとうございました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告