2011あつぎマラソン

 あつぎマラソン初参加です。

 ハーフマラソン走ってきました。

 昨日30キロ走ったばかりなので、今日は長めのクールダウンのつもりで走りました。

 本当はキロ6~7分ぐらいのペースで走りたかったのですが、14.1km地点の関門を80分以内で通過しないといけないため、あまりのんびり走れなかったです。

 今日は大阪マラソンもやっているため、盛り上がっているのかな?と走っている時ずっと気になっていました。

 あつぎマラソンは、あまり人気のないところを走るので、ちょっとさびしい感じでしたね。

 走っている時、やはり昨日の疲れが残っており、体が重く感じました。

 制限時間にギリギリ間に合うように、時計と距離表示を確認しながら走りました。

 アップダウンがたくさんあって、なかなか走りごたえのあるコースだったと思います。

 今日は最後尾の方からスタートして、後ろからたくさんのランナーを追い越しながら走りました。

 リラックスして、楽しんで走れたと思います。

 あつぎマラソンは参加料が安くて(2,000円)、トイレも混雑していなかったし、完走後に豚汁のサービスがあったり、なかなかいい大会でした。

 しかしコース中に坂道が多いので、制限時間をもっと緩くしてもいいのでは?・・・と思いました。

 というのも私は最後尾から走りはじめたからわかるのですが、制限時間内に関門を通過できなかったランナーが結構たくさんいるんじゃないか?と思うからです。

 それと10kmの部とハーフマラソンの部が同時にスタートというところも、どうして時間をずらさないのかな?ずらしたほうが走りやすいのに・・・とちょっと???でしたね。

 厚木は好きな街なので、あつぎマラソンまた機会があれば参加してみたいと思います。

 本厚木駅と受付会場の荻野運動公園への往復には臨時のシャトルバスが出ています。

 バスの中ではずっと石田衣良さんの「波のうえの魔術師」という小説を読んでいたのですが、すごくおもしろいです。

 株式投資の小説で、ある老投資家がメガバンクに復讐するっていう話です。ちょっとおすすめです。

 昨日の夜はDVDで有川浩さんの「図書館戦争」を最後まで観ていました。「阪急電車」も読んでみようと思います。

 ありがとうございました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告