東京マラソン2012に当選しました!

 東京マラソンは2007年の第1回大会から毎年応募していたのですが、これまで5年連続で落選していました。

 落選したおかげ(?)ではないのですが、2回ほどボランティアで参加したことがあります。(1回目は給水係、2回目は距離表示の看板を持つ係。)

 今読んでいる「BORN TO RUN」(クリストファー・マクドゥーガル著)にScott Jurekというウルトラマラソンの選手が出てきます。彼は、
After finishing races, he frequently remains at the finish line for hours to cheer for later finishers.
なのだそうです。

 私もボランティアをやった時、初めて先頭のランナーから最後尾のランナーまで応援するという経験ができました。

 たかぎなおこさんの「マラソン2年生」は、とてもおもしろくて、もう何度も繰り返し読んだのですが、著者のたかぎさんのお友達・のりこさんは、東京マラソンに2年連続当選しています。

 のりこさんによると当選するコツは、
①どうせ落ちるだろうなんて思わないこと。
②当選して東京マラソンを走っているところを想像すること。
と言っています。

 ナポレオン・ヒルの「思考は現実化する」みたいですが、私ものりこさんに倣って自分が東京マラソンを走っているところを想像したり、2月26日のスケジュールに「東京マラソン」と入力しておいたり、・・・といろいろやってみました。

 イメージトレーニングのおかげ(?)かどうかわかりませんが、当選メールが届いたときはうれしかったです。

 東京マラソンが行われる日は、天気が悪い日が多いのですが、自己ベストを狙って、落選したランナーの分まで楽しんで走りたいと思います。

 本当にありがとうございました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告