第6回よさの大江山登山マラソン

 ”標高差800m”という大会のキャッチコピーに少しビビりつつ、酒呑童子で有名な大江山で行われた「第6回よさの大江山登山マラソン」に初参加しました!

 大江山縦走コースの23.5kmに出場です。

 大会当日は、福知山駅から会場まで送迎バスで連れて行ってもらえました。ありがとうございました!

 私のように遠方から参加しているランナーにとっては大変ありがたいサービスです。

 ただバスが会場に到着する時間がスタート30分ぐらい前なので、ほとんどウォーミングアップなしです!(笑)

 10時にスタートしてからはじめは舗装した道路の上を走るのですが、途中から登山道になります。

 私は今日何も考えずいつも通り、ふつうのランニングシューズで走ってしまい失敗でした。

 どんなコースなのかよく調べていなかったのがよくなかったですね。トレランシューズでないと厳しいです。

 特に下り坂はとても急で滑りやすく、昨日の雨で土がぬかるんでおり、水たまりもたくさんできています。

 上りも苦しくて大変ですが、下りはもっと大変だったですね。1度滑って尻もちをついてしまったこともあって、ゴールした時には手や足、シューズが泥だらけになっていました。

 途中でこけてしまったランナーの方が今日はたくさんいたんじゃないでしょうか?

 舗装した道路も走りますが、平坦な道はほとんどありません。私は残り3キロぐらいからが一番きつかったです。

 ゴールタイムは2時間53分52秒。こんなに時間がかかると思っていなくて、少し驚きました。

 これまでロードレースばかりエントリーしていましたが、こういう大会にも出場しないとダメですね。

 ゴールすると、参加賞のお弁当と豚汁が待っています。

 温泉の入浴チケットをせっかく参加賞でもらったので、かなり疲れていたのですが、歩いて「リフレかやの里」(温泉)へ行きました。温泉はとてもよかったです。

 その後、送迎バスに乗せてもらい野田川駅へ。野田川から北近畿タンゴ鉄道で天橋立、元伊勢 籠神社、真名井神社へ行きました。

 籠神社も大変素晴らしかったのですが、少し離れたところにある摂社の真名井神社がすごかったです。

 一歩鳥居をくぐって中へ入ると、雰囲気がガラッと変わります。霊的な磁場が高いところなのだと思います。

 石碑の紋章は以前ユダヤの六芒星だったそうですが、いつの間にか現在の三つ巴紋に変更されてしまったそうです。

 マラソンを走った後で、足がかなり疲れていましたが、駅からここまで頑張って歩いてきてよかったです。

 中丸薫先生の本を読んでから、籠神社と真名井神社にはずっと行ってみたいと思っていました。夢が一つかないました☆彡

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告