第1回神戸マラソンの抽選発表

 神戸マラソンの抽選結果の発表が6月30日正午から行われた。

 数日前からそのことが気になって仕方がなかった。

 当日ドキドキしながら結果のメールが来るのを待った。

 12時になってもお昼ごはんを食べに行く気にはなれず、メールが届くのをTwitterのタイムラインを眺めながら待った。

 メールはなかなか来ない。

 Twitterを見ていたら、神戸マラソンのHPからでも当選・落選の結果を確認できることを知った。

 それで緊張しながらマイページにアクセスした。

 ログイン後に表示された結果は、「落選」という灰色の2文字。

 「あー、やっぱりだめだったか。」

 がっかりした。

 抽選だからどうしようもないけれど、やはりくやしい。

 メールはまだ届いていなかったが、昼食を食べに行った。

 13時からまた気をとり直して仕事を開始!

 13時31分、神戸マラソン実行委員会からメールがようやく届く。

 落選のメールだから、すぐ削除しようと思った。

 以下メールの抜粋。

■■ 第1回神戸マラソン 抽選結果(当選)のお知らせ ■■

———————————————————————-

ムカイ アキラ 様

このたびは「第1回神戸マラソン」にお申し込みいただき、誠にありがとうございました。
2011年4月15日から5月20日までお申し込み受付を行ったところ、定員を超えるお申し込みがあり、厳正なる抽選の結果、貴方様が「当選」されましたことを通知いたします。

つきましては、下記URLよりマイページにログインしていただき、2011年7月29日(金)23:00までに参加料の支払方法を確定していただきますようお願いいたします。

———————————————————————

 あれ?当選?当選したのか?

 それでもう一度神戸マラソンのHPにアクセスし、マイページにログインするが、そこには落選と表示されている。

 またメールを読む、HPにアクセスする、・・・という作業を何度か繰り返す。

 おかしい。どっちがあってるんだろう?

 Twitterのタイムラインを読んだら、ぼくと同じような人が何人かいるようだ。

 神戸マラソンの事務局に問い合わせた人のツイートによると、HPの方が正しく、メールは誤送信してしまったらしいということが書いてある。

 やっぱり落選したようだ。。。

 「やっぱり」と思うのには理由がある。

 ぼくは東京マラソンを5年連続落選している。

 抽選の運はあまりいい方ではないと思っていたから、そう思ったのも仕方がない。

 メジャーな大会には縁がないのだろうか?

 その日はその後何の訂正メールも届かなかった。

 翌日朝6時に神戸マラソンの事務局から再びメールが届いていた。

 急いでメールを開いた。

 以下メールの抜粋。

■■ 第1回神戸マラソン 抽選結果(当選)のお知らせとお詫び ■■

———————————————————————-

ムカイ アキラ 様

【抽選結果ご連絡のお詫び】

このたびは「第1回神戸マラソン」にお申し込みいただき、誠にありがとうございました。
抽選の結果、貴方様には本来「落選」のご連絡となるはずでしたが、誤って「当選」のメールを送信してしまいました。この不手際を深くお詫び申し上げます。

大会実行委員会で協議した結果、貴方様を「当選」とさせていただく決定をいたしました。つきましては、マイページの下記URLよりログインしていただき、2011年7月29日(金)23:00までに参加料の支払方法を確定していただきますようお願いいたします。

———————————————————————

 何度も何度も読み返した。

 感動!

 神戸マラソンは、つくばマラソンの1週間前だけど、落選した人の分までがんばって走ろうと思う。

 それにしても落選した人に誤って当選した旨のメールを送信してしまうなんていうミスはちょっと考えられない。

 ニュースの記事を読んでも、原因がプログラムのミスとしか書かれていないので、よくわからないが、本当に驚いた。

 実績のある業者に委託していたわけだから、めったに起こらないことだと思う。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告