Adobe Captivate 5の使い方 メモ

 Adobe Captivateは、マウスを動かしたり、キーボード入力などの操作をそのままFlashの動画にして保存してくれるソフトです。

 ソフトウェアの操作方法などのマニュアルを動画にして見せたい時にはとても便利です。

 Webサービスやゲームのデモ、プレゼンにも使えるんじゃないでしょうか?

 Adobe Captivateの使い方ですが、だいたい直感的に操作がわかるようになっており、PowerPointにも似ているので、マニュアルを読まなくてもわかるのですが、「こんなこともできるんだ!?」などと使っているうちにいろいろな技を覚えました。

 下の動画は、f4v形式でパブリッシュしたファイルをそのままYouTubeにアップしたものです。(Captivate 5以外のソフトは使っていません。)

 YouTubeの動画は、文字のアニメーション、スライドのトランジション、ズーム、ハイライトをつける、Flash/画像を挿入する、挿入した画像にエフェクトをつける、・・・などのデモになっています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告