FeedlyのSaved For LaterをエクスポートしてPocketへ移行する方法

ブログの記事をRSSリーダーのFeedlyを使って読んでいる人は多いと思います。

そのFeedlyなのですが、

無償版にはSaved For Later(Read Later)に検索機能が付いていないため、

正直かなり使いにくいです。

あとで読もうと思った記事をそのまま放置しているケースがかなりあると思います。

そこでSaved For Laterの記事だけをはてなブックマークやPocketへ移行できないか調べてみました。

その結果以下の手順で移行できることがわかりました。

  1. FeedlyのSaved For Laterをエクスポートする。
  2. エクスポートしたデータをAPIを使ってインポートする。

まずFeedlyからエクスポートする方法は、

feedly_export_saved_for_laterを使うのですが、

1) Google Chromeを開く。
2) Feedlyにログインして「Saved For Later」を表示する。
3) 一番下まで画面をスクロールさせて全てのリストを表示させる。
4) 画面上で右クリックして 「検証」をクリックする。
5) 「コンソール」タブをクリックする。
6) コンソール画面に以下のスクリプトを貼り付ける

function loadJQuery() {
    script = document.createElement('script');
    script.setAttribute('src', 'https://code.jquery.com/jquery-3.3.1.min.js');
    script.setAttribute('type', 'text/javascript');
    script.onload = loadSaveAs;
    document.getElementsByTagName('head')[0].appendChild(script);
}

function loadSaveAs() {
    saveAsScript = document.createElement('script');
    saveAsScript.setAttribute('src', 'https://cdn.rawgit.com/eligrey/FileSaver.js/5733e40e5af936eb3f48554cf6a8a7075d71d18a/FileSaver.js');
    saveAsScript.setAttribute('type', 'text/javascript');
    saveAsScript.onload = saveToFile;
    document.getElementsByTagName('head')[0].appendChild(saveAsScript);
}

function saveToFile() {
    // Loop through the DOM, grabbing the information from each bookmark
    map = jQuery(".entry.quicklisted").map(function (i, el) {
        var $el = jQuery(el);
        var regex = /Published:(.*)(.*)/i;
        return {
            title: $el.attr("data-title"),
            url: $el.attr("data-alternate-link"),
            summary: $el.find(".summary")[0].innerHTML,
            time: regex.exec($el.find("span.ago").attr("title"))[1],
            sourceTitle: $el.find(".source")[0].innerHTML,
            sourceUrl: $el.find(".source")[0].href
        };
    }).get(); // Convert jQuery object into an array

    // Convert to a nicely indented JSON string
    json = JSON.stringify(map, undefined, 2);
    var blob = new Blob([json], { type: "text/plain;charset=utf-8" });
    saveAs(blob, "FeedlySavedForLater" + Date.now().toString() + ".txt");
}

loadJQuery()

jQueryが実行されると、

JSON形式のファイルがダウンロードされるので、

次にそのファイルをPocketへインポートします。

インポートするツールがネット上で見当たらなかったので、

自分でPocketのAPIを使って作成してみました。

http://tsukuba42195.top/pocket/

2,000件ぐらいのデータがあったのですがうまくできました。

本当にありがとうございました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告